4K放送の録画は外付けHDDがオススメ!新しい録画スタイルにシフトする

4K放送の録画は、長時間モードが使えないので困りモノですね。4K画質の録画は膨大な容量を使ってしまいます。

今回は、こんな4K放送を録画する最強アイテム、外付けHDDを紹介します。

4K放送の録画

4K放送の録画は、4KDRモード(そのまま画質)のみで長時間モードがありません。ビットレートが33Mbpsなので地デジ(17Mbps)DRモードの約2倍の容量になります。

今までのブルーレイレコーダーのように、1TBのHDDや25GBのブルーレイディスクでは太刀打ちできませんよ!

4K放送には外付けHDD

ということで4K放送の録画には大容量の外付けHDDが一番です。

テレビにしろレコーダーにしろ、内蔵HDDに録画してもすぐに容量がいっぱいになってしまいます。4TBの外付けHDD(USB 3.0)なら、今のところほとんどの機種で使えます。

アイ・オー・データ

バッファロー

ふるさと納税で入手する

ふるさと納税の返礼品にも外付けHDDがあります。お得な制度を利用して入手することができますよ。

新しい録画スタイル

4K録画は、ブルーレイとの連携やDTCP-IPなどの便利な機能は使えないので、フルHDとは使い勝手が変わってきます。

4K時代のスタイルにシフトしましょう!

テレビで快適に録画

テレビ番組の録画や再生は、テレビの録画機能(外付けHDD)が便利です。

4Kレコーダーもありますが、レコーダーであっても長時間モードが使えません。また、ブルーレイディスクにダビングしても、録画した機種(同機種)じゃないと再生できないなど、個人的にはレコーダーよりテレビでの録画の方がオススメです。

映画はUltra HDブルーレイ

映画などのソフトはUltra HDブルーレイにシフトすれば、4K画質を楽しめますよ。

Ultra HDブルーレイプレーヤーなら、価格も手頃で操作性もいいです!

AVアンプで大迫力!

4K放送の「MPEG-4 AAC」の高音質5.1chサラウンドは、AVアンプで楽しみたいです。

また、AVアンプならUltra HDブルーレイのドルビーアトモスやDTS:Xなどの3Dサラウンドも再生できますよ!

長時間モードやDTCP-IPが使えないとか、ディスクの再生にも制限があるとか、何かと不便な4K放送ですが、圧倒的な高画質を大型テレビで見ることを考えたら、新しいスタイルに移行するのは仕方ないかもしれないですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。