4K放送の録画やダビングについて気になる点を解説!4Kレコーダー

4K放送が始まりました!

4Kレコーダーで録画した4K番組は、今までと同じようにブルーレイディスクや外付けハードディスクにダビングしたりできるのでしょうか?

4Kレコーダーでの録画やダビングについて、気になる点を解説します。

4K放送の録画

4K放送の録画は4KDRモード(そのまま画質)のみで長時間モードがありません。ビットレートが33Mbpsなので地デジ(17Mbps)DRモードの2倍の容量になりますね。

4K放送でも、長時間モードを選ぶと2Kにダウンコンバートされて長時間録画できますよ。

ダビング

気になるダビングですが、ブルーレイディスク、外付けハードディスクへのダビングは可能です。

ダビング10にも対応しています。

ブルーレイディスク

ブルーレイディスクへのダビングは従来のBD-R/REにダビングできますが、ビットレートが地デジの2倍なので25GBのディスクで約1.5時間、50GBなら約3時間になります。

大容量のBD-R/RE XL100GBで約6時間、128GBで約7.5時間です。

注意したいのは、ダビングしたブルーレイディスクは基本的に録画した機種と同機種じゃないと再生できないことです。

ここは今までと違いますね。

外付けハードディスク

外付けハードディスクへのダビングもできます。ハードディスクの容量は最大4TB/USB3.0です。

4K放送はSeeQVaultには対応していません。

DLNA/LANダビング

お部屋ジャンプリンクなどのDLNA再生は、4K放送の規定がないとのことで再生できません。LANダビングなんかは以ての外のようです。

しかし2Kにダウンコンバートすれば、DLNA再生もLANダビングも従来通りできますよ!

Ultra HDブルーレイプレーヤー

4KDRモードで録画したディスクでも、Ultra HDブルーレイプレーヤーで再生できません。

これも2Kダウンコンバートなら再生できます。

今後のアップデートで対応するかもしれませんね。

まとめ

4K放送のダビングは、ブルーレイディスクや外付けハードディスクに保存用としてダビングできますが、便利な使い方はできないようです。

2Kにダウンコンバートすれば、長時間モードやDNLAなども従来通り使えるので、私のようにTSX4で録画している人には問題なさそうですね。

今回参考にしたのは、パナソニックの4Kレコーダー DMR-SCZ2060です。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。