消毒用に使えるお酒、アルコール66を使ってみた!高濃度エタノール

新型コロナウイルス対策に有効な消毒用アルコールが品薄のため、酒造メーカーが消毒に使えるお酒を出しています。

高濃度エタノールに分類される醸造アルコールで、アルコール度数66%や77%のものが多いです。

今回、若鶴酒造の砺波野スピリット66を購入したので、実際に使ってみました!

砺波野スピリット66

砺波野スピリット66は富山県の若鶴酒造が作ったお酒で、品目はスピリッツ、醸造アルコール、アルコール度数66%です。

消毒用アルコールが手に入らない現状で、医療現場のために酒造メーカーが作ってくれました!

他にも、中国醸造のHigh Alcohol Spirits 65%やロスカロスのアルコール66など、いろいろありますよ。

使ってみた!

実際に砺波野スピリット66を使ってみましたが、アルコールのスーっとする感じは消毒用アルコールと同じで、問題なく使えそうです。

以前、アルコール度数96%のウォッカを消毒に使って爆発したニュースを見ましたが、この商品は消毒用アルコールの度数以下なので安心です。

気になる匂いですが、消毒用と違ってお酒寄りの匂いがします。そんなに気にならないです。

容器に入れて使う場合は、アルコール対応の容器じゃないと溶けてしまうので注意が必要です。

製造にあたって

厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の仕様について」の改定により、酒造メーカーも高濃度エタノールを消毒用エタノールの代替品として製造できるようになりましたが、様々な規制により製造は大変だったようです。

「酒税がかかる」

飲用アルコールには酒税(1Lあたり1度につき10円)がかかっていて、高濃度になればなるほど高額になってしまうのですが、一定の要件を満たしたものを酒税法上の不可飲処置が施されたものとして課税されなくなりました。

「危険物に該当」

厚生労働省の消毒用エタノールの要件であるアルコール度数70%〜83%では危険物に該当するので、1日の製造量に制限があり、耐火設備も必要になります。

これについては、1日の製造量が緩和されましたが、医療現場で必要な70%台のエタノールはまだまだ不足しています。

「アルコール度数66%」

危険物に該当しない上限の66%での効果検証を要請。厚生労働省から「70%以上のエタノールが入手困難な場合には、手指消毒用として60%台のエタノールを使用しても差し支えない」と認められ、アルコール度数66%の手指消毒用アルコールが量産できるようになりました。

上記の課題は酒造メーカーの努力によってひとつひとつクリアされ、いろんな酒造メーカーから醸造アルコール(高濃度エタノール)が販売されています。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。