au PAY(au WALLET)プリペイドカードにアメックスからチャージできるようになった!

アメックスからau PAY(au WALLET)プリペイドカードにチャージできるようになりました!

au PAY(au WALLET)はクレジットチャージでポイント2重取りができるので、アメックスユーザーの期待も高まります。

本家アメックスはポイント対象ですが

au PAY(au WALLET)にアメックスブランドのカードからチャージできるようになったのですが、本家アメリカン・エキスプレスは残念ながらポイント付与は半分の200円1ポイントでした。これは、d払いと同じ仕様になります。

アメックスのメンバーシップ・リワードポイントは、100円1ポイントと言っても還元率は0.3〜1.0%で、通常は0.3%です。全国のアメックスユーザーが期待したお得度は微妙なところです。

セゾンアメックスはポイント対象。MUFGアメックスはd払いではポイントが付きましたが、d払いはクレジットチャージではなく「クレジットカード払い」なので、クレジットチャージのau PAY(au WALLET)は厳しいかもしれません。

au PAY(au WALLET)は便利!

アメックスのお得度は微妙ですが、au PAY(au WALLET)は決済方法としては優秀ですよ!

au PAY(au WALLET)の最大の特徴は、アプリでもプリペイドカードでもau PAY残高を利用でき、ポイントを共有できるところです。これは、他のスマホ決済やプリペイドカード、電子マネーにはない便利さですね。

例えば、コンビニではau PAYアプリで支払い、au PAYなどのスマホ決済が利用できないお店ではプリペイドカードで支払っても、au PAY残高から支払うので管理がしやすいです。

また、どちらの支払い方法でもポイントが合算されるので、効率よくポイントが貯められますよ。

ポイントアップ店

au PAY(au WALLET)プリペイドカードの「ポイントアップ店」ではポイントがさらに貯まります。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、紀伊國屋書店など、よく利用するお店が揃っていますよ。

au PAY(au WALLET)の弱点

au PAY(au WALLET)のポイントは、どの支払い方法でも200円1ポイントです。

199円以下の支払いでは1ポイントにもなりません。コンビニなど少額決済が多いと効率よくポイントが貯まらないのはau PAY(au WALLET)最大の弱点です。

この弱点を解消するのにApple Payのsuicaにチャージする方法がありますが、au PAY(au WALLET)はsuicaチャージでポイントが付きません。

便利でお得なau PAY(au WALLET)ですが、アメックスのチャージでのポイント半減、200円1ポイントの還元率などが評価基準になりそうですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。