HDMI搭載オーディオアンプが便利で高音質!マランツNR1200

テレビも音楽もいい音で聴きたいものですね。

音質なら絶対オーディオアンプ(プリメインアンプ)がいいのですが、従来のオーディオアンプはテレビに接続しても操作性が悪くて使えません。

管理人が使っているパイオニアSX-S30は、2.1chでHDMI端子搭載のオーディオアンプです。オーディオアンプでありながらテレビやブルーレイとHDMI接続できる優れものです!

種類は少ないですが、HDMI付きのオーディオアンプを紹介します。

HDMI搭載のメリット

AVアンプではお馴染みのHDMIですが、テレビに接続するには欠かせない機能です。

ARC

なんと言ってもテレビとARC接続できることですね。

HDMIでアンプをテレビに接続すると、映像信号・音声信号はアンプ→テレビの一方通行になるのですが、ARCは音声信号だけをアンプ側に戻す機能です。HDMIケーブル一本でテレビとアンプが接続でき、迫力ある音声を再生できます。

CECリンク

AVアンプではお馴染みのテレビのリモコンで音量を操作できたり、テレビの電源に連動してアンプの電源が入るなどのHDMIの機能です。

ロスレス音源

ブルーレイやUltra HDブルーレイに収録されているドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなどの音声はHDMI接続じゃないと再生できません。

HDMI搭載オーディオアンプ

ということでHDMI搭載のオーディオアンプですが、AVアンプの廉価版といった位置付けのようで種類が少ないです。

Marantz NR1200

マランツの2.2chオーディオアンプです。高音質で人気AVアンプのNR1710と同じデザインです。NR1200にはオーディオアンプらしくトーンコントロールつまみが付いています。

サブウーファーが2chありますが、クロスオーバー周波数の設定ができないのが何で?という感じです。

Sonos AMP

ソノスのネットワークオーディオアンプです。サラウンドスピーカーSonos Oneをワイヤレスでつないで4.1chサラウンドに拡張できますよ。Amazon Musicなどの音楽配信サービスもアプリで快適に再生できます。

パイオニア SX-S30

HDMI搭載オーディオアンプの元祖です。クリアで高音質ですよ。AVアンプのVSX-S520を2.1chにした印象ですがS520より断然音がいいです!薄型アンプでトーンコントロールつまみがオーディオ感を出していますよ。

ネットワークオーディオも充実していて、管理人はApple MusicをAirPlayで再生しています。

これからはHDMI搭載オーディオアンプ

5.1chや7.2chサラウンドシステムで迫力あるサウンドを聴くならAVアンプがいいですが、置き場所や配線の問題でなかなかの根性が必要です。臨場感よりもテレビや音楽をいい音で聴きたいならHDMI搭載オーディオアンプの方がスマートで高音質です。

音楽配信サービスを手軽に再生できて、テレビやブルーレイを高音質で聴く!これからはHDMI搭載オーディオアンプの時代がくるかも?

今日はこの辺で失礼をいたします。