インスタントコーヒーをおいしく入れるなら電気ケトルがおすすめ!おいしいコーヒーの入れ方

インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーと違って、沸騰してから一呼吸置いたお湯で入れるとおいしくできるって知っていましたか?

今回は、インスタントコーヒーのおいしい入れ方とツールを紹介します。

インスタントコーヒーのおいしい入れ方

ネスカフェ・ゴールドブレンドでおなじみの、ネスレが推奨している入れ方です。

“沸騰してから一呼吸置いたお湯を、温めていないカップに注ぐと、カップの中の温度が80~85℃になります。この温度が味と香りを最もひきたてる温度です”

これが、インスタントコーヒーのおいしい入れ方ですよ!

電気ケトル

沸騰してから一呼吸置いたお湯は、おしゃれな電気ケトルで入れたいですね。

ティファール

電気ケトルといえば、ティファールですね。

このケトルはステンレス製なので、プラスチックの匂いがすることはありません。

デロンギ

デロンギのアイコナ・ヴィンテージです。かっこいいですね。

おそろいのトースターもありますよ。

ラッセルホブス

ラッセルホブスのカフェケトルです。

口が細長いので、コーヒーを入れるのにぴったりです!

ポット型浄水器

おいしいコーヒーは、水にもこだわりたいですね。

ポット型浄水器なら、上から水道水を入れると数分で浄水できるので便利ですよ。

トレビーノ

ポット型浄水器といえば、東レのトレビーノです!

コーヒーを入れてみた!

実際にティファールの電気ケトルでコーヒーを入れてみました。

これはおいしいです!コーヒーの香りが強く、すっきりとした味です。

今まで飲んでいた、電気ポットのお湯で入れたインスタントコーヒーとはぜんぜん違います。

まとめ

インスタントコーヒーでも、おいしい入れ方で入れると全然違いますね!

ひと手間かけるだけで、おいしくなるので、やってみてください。

トレビーノと電気ケトルで作った、カップラーメンもおいしかったですよ。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。