クレジットカードで本当に節約できるのか?

「クレジットカードで節約」といった記事で、高還元率クレジットカードや電子マネーにクレジットチャージでポイント二重取り!などの内容が紹介されていますが、本当に節約できるのでしょうか?

私もクレジットカードが好きで、高還元率カードやゴールドカードを何枚か使っていました。
片っ端からクレジットカード決済にして、貯まったポイントを利用していたのですが、節約できた実感がありません…。

スポンサーリンク

クレジットカードのメリット

ポイントが貯まる

利用額に対してポイントが付きます。還元率1%のカードが人気。

割引などの特典がある

イオンカードやファミマTカードなどは、提携店で利用すると割引などの特典があります。

支払いをまとめられる

普段の買い物や電気・水道・携帯電話料金などの固定費をクレジットカード決済にすると、支払いがまとめられる。

支払いがスムーズ

クレジットカード払いや、カード紐付けの電子マネーでの支払いは非常にスムーズ。

クレジットカードのデメリット

お金をつかっている実感がない

現金をつかわないのでお金が減っている感じがなく、使いすぎてしまう。

支払いがあとからくる

支払いが一ヶ月くらい遅れるので「次月に払えばいい」という感覚になる。

利用金額がわかりにくい

カード会社に利用明細が届くのに3〜7日かかったり、WEB明細に利用金額が反映するのが遅いので、現金のようにはいかない。

クレジットカードの利用で消費が増える?

クレジットカードを利用すると、現金より平均23%消費が増えるというデータがあります。
私もクレジットカードを利用してから23%増えています!

これはデメリットの効果により「つい、多く買ってしまった」「衝動買いしてしまった」などの現象が起きているからですね…。

得をすると節約は違う

クレジットカードを利用すればポイントがどんどん貯まってお得にはなりますが、そのために消費が増えては節約になりません。
1%のポイントを貯めるのに23%多く消費しては本末転倒になってしまいます。

そもそも節約とは「出費を抑える」ことなので、23%の誘惑に負けてしまう人はクレジットカードの利用はやめたほうがいいと思います。

しかし、インターネットでカード決済しかできない場合(航空券など)や、少しはポイントも貯めて得したい場合もあるので、おすすめの決済方法を紹介します。

おすすめの決済方法

固定費だけクレジットカード決済

電気・水道・携帯電話料金などの固定費は「衝動買い」がありませんから、固定費だけクレジットカード決済がおすすめです!

インターネットの決済でクレジットカードじゃないと困る場合があるので、これはクレジットカードを利用します。使いすぎに注意しましょう!

普段の買い物は現金かWAON

現金で支払えばクレジットカードのような使いすぎもないのですが、普段の買い物はスムーズな支払いをしたいものです。

その場合はWAON(クレジットチャージができない普通のWAON)がおすすめです。

WAONはイオンをはじめ多くのお店で使うことができ、ポイントも貯まります。
現金でチャージするので間接的にお金をつかっている感覚があり、レシートにチャージ残高が記載されるお店(イオン・ファミマなど)が多いです。

まとめ

節約は自分との戦いですね。

23%の誘惑に負けずに、クレジットカードをうまく使って快適に節約したいものです。

今日はこの辺で失礼をいたします。

スポンサーリンク