AKIRAブルーレイのドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bitを体感したい!

AKIRAのブルーレイ版が発売されたときに、ドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bitの音声が収録されていることが話題になりましたね。

当時としては、これ以上ないハイスペックで、今でも192kHz 24bitで収録されているディスクを見たことがありません。

今回は、このAKIRAブルーレイのドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bitを体感したいと思います!

AKIRAブルーレイをドルビーTrueHDで再生するには?

AKIRAブルーレイが発売された当時、ドルビーTrueHD対応機(192kHz 24bit)が一部の高級機しかなく”買ったはいいがドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bitで再生できない”という状況で、ドルビーデジタルで再生するしかありませんでした。

ドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bitを再生するには、再生機(プレーヤー/レコーダー)とAVアンプ(ホームシアター)がドルビーTrueHD 5.1ch に対応していること。

さらに192kHz 24bitに対応している必要があります。

最近の再生機もホームシアターもドルビーTrueHD 5.1chには対応しているのですが、192kHz 24bitには対応していない場合があります。

再生すると48kHzになってしまう機種があるので注意が必要です。

192kHz 24bitが難物ですね〜。

今回使用するパイオニアBDP-X300(ブルーレイプレーヤー)と、オンキョーTX-L50(AVアンプ)は対応しているはずです!

192kHz 24bitで再生できるといいんですが…。

オンキョーTX-L50は、このブログでおすすめしているホームシアターONKYO BASE-V60のAVアンプです。

驚異の高音質!

再生できました!

ドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bit、やっぱり全然違いますね!いい音します。

試しに48kHzと聞き比べてみたのですが、音の厚さが違いますね。

ちょっと感動しました。

これからドルビーアトモスの時代ですが、TrueHDも負けてないですね。

まとめ

AKIRAブルーレイを買ってから10年。

ようやく、ドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz 24bitを体感することができました!

これを体感すると、テレビのスピーカーでドルビーデジタルの音声では物足りないですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。