ガソリン添加剤の効果を試してみよう!燃費やエンジンのフィーリングはよくなるのか?

ガソリン添加剤の効果を試してみたいと思います。

今回使用するのはNUTECのNC-220です。
NC-220を入れたときのエンジンのフィーリングや燃費を検証します。

洗浄効果が高いPEA(ポリエーテルアミン)配合の添加剤は、洗浄効果が高い代わりにエンジンの吹けあがりが悪くなったりパワーダウンすることもありますが、NC-220は特殊添加剤成分なのでエンジンのフィーリングが悪くなることはありません。

NC-220投入

NC-220を投入します。

ガソリン添加剤をガソリンタンクに入れるときは、先に添加剤をタンクに入れてから給油します。

後から入れると混ざりにくいので必ず先に入れましょう。

ガソリンスタンドでも自社のガソリン添加剤を置いてあるので、給油時に添加剤を入れても問題ありません。ゴミ箱にはいろんなメーカーの添加剤の空き缶が捨ててあります。

NC-220投入時のデータ

車種
インテグラ タイプR

トランスミッション
MT

エンジンオイル
Mobil 1 5W-40

ガソリン
Shell V-Power

燃費
7.8km/L〜8.2km/L

NC-220投入後のフィーリング

3日目の感想ですが、普段とまったく変わりません!

加速は少しパワフルな感じがします。これは期待できそうですね。

排ガスの匂いが変わりました。石油系の匂いが強いです。

NC-220の効果は?

今回投入したガソリン添加剤NUTEC NC-220は効果大!という結果になりました。

燃費ですが、投入前7.8km/L〜8.2km/Lくらいだったのが、8.9km/Lです!
洗浄成分PEAが入ってないとはいえ、添加剤が入った状態で燃費が向上しました。

さすがNUTECですね!

エンジンのフィーリングもいいです!

吹け上がりもよくなりましたが、毎日乗っているので”なんとなく”っていう感じですね…。

徐々に効果が出るので劇的な変化はなかったです。

音が大きくなりましたが、不快な音ではなくシリンダー内でちゃんと爆発しているって感じでいい音がしてます。

1本でこの効果なら2本目を入れたらもっといいと思います。

PEA配合の添加剤

洗浄効果の高いPEA(ポリエーテルアミン)配合のWAKO’S FUEL- 1やHKS DDRだったら、もっと効果があるかもしれませんね。

洗浄成分PEAは難燃性のため吹け上がりが悪くなることがあるのですが、洗浄効果は高いです。

走行距離の多い車やちょい乗りが多い車はPEA配合の添加剤のほうがいいですね。

WAKO’S FUEL- 1はPEA配合率50%、HKS DDRは100%です。

ガソリン添加剤の注意点

PEA配合の添加剤は洗浄成分が難燃性のため、成分が燃えずにクランクケースに落ちてオイルに溶け込んでしまうので、添加剤を入れるときはオイル交換前がおすすめです。

PEA配合じゃない添加剤も念のためオイル交換前がいいと思います。

添加剤使用後は早めにオイル交換をしましょう。

まとめ

NUTEC NC-220は効果大という結果になりました!

添加剤が入った状態で燃費がよくなったのは驚きました。シリンダー内やインジェクターの洗浄は効果がありますね。

エンジンのフィーリングもよくなってます。

シリンダー内のカーボンやスラッジはどうしても着いてしまうので、添加剤を定期的に使用して除去しておきたいですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。