エンジンフラッシングはやったほうがいい?フラッシングの効果は?

エンジンフラッシングって知っていますか?

カー用品店などで、オイル交換のときに「エンジンフラッシングはどうですか?」と、勧められたことがあるんじゃないでしょうか?

今回は、エンジンフラッシングの効果を考えてみましょう。

エンジンフラッシング

エンジンフラッシングとは、エンジン内部の洗浄のことです。

オイル交換のときに、古いオイルを抜いたあとにフラッシングオイルという洗浄用オイルを入れて、数分間アイドリングして洗浄してから新しいオイルに交換します。

エンジン内部のスラッジ(泥状の汚れ)やカーボンの除去に効果があり、エンジンオイルの交換間隔が長かったり、チョイ乗りが多いエンジンには効果があるとされています。

フラッシングの効果は?

エンジンフラッシングについては、昔から賛否両論あります。

賛成意見では「エンジンの調子が良くなった」という意見が多く、まったく効果がないとは言えないようです。

実際に家族の車でやってみましたが、結構良かったですよ!

否定意見では「オイルパンに残ったフラッシングオイルを完全に抜くことができないので、洗浄成分がオイルに混ざって油圧や粘度が下がったり、油膜切れを起こす可能性がある」という意見があります。

高回転まで回す場合は心配ですね。

そもそも、定期的にオイル交換をしていればそんなに汚れもつかないので、日頃のメンテナンスのほうがが重要ですね。

ピストンリング

個人的にはピストンリングについたカーボンを除去できるなら、やる価値はあると思います。

ピストンリングにカーボンがついて動きが悪くなると、ピストンの潤滑や動きも悪くなり、オイル上がりや圧縮漏れの原因になります。

最悪、ピストンリングが固着したらエンジンをバラしてリングを交換するしかありません。

これは致命的ですよ!

カーボン除去ができそうな製品は、NUTECのカーボンリムーバーNC-900です。

NC-900はプラグホールから薬剤を直接入れるので、ピストンリングのコンプレッションリングの1個目には届くと思いますが、2個目やオイルリングは除去できているかわかりません。

フラッシングオイルで除去できればいいのですが…。

まとめ

エンジンフラッシングは、定期的にオイル交換をしていれば必要ないかもしれませんが、オイル交換の間隔が長くなったり、チョイ乗りが多いエンジンには効果的かと思います。

また、オイルリングのカーボン除去効果があるならおすすめですが、こればっかりはメーカーに問い合わせてみないと何とも言えませんね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。