F1チームが使っているオイルメーカーのエンジンオイルを入れてみたい!

好きなF1チームと同じオイルを入れてみたいですね!

F1で使われているエンジンオイルは、オイルメーカーが技術の粋を結集した高性能オイルです。その技術は市販車用オイルに応用されて、新しい技術がどんどん投入されています。

F1チームに供給しているオイルメーカーは4社ありますが、どこも市販車用エンジンオイルを出しています。

F1チームが使っているオイル

PETRONAS

ペトロナスのオイルは王者メルセデスが使っています。

ほかにもウイリアムズ、レーシング・ポイントなどメルセデスPUを搭載するチームがペトロナスのオイルを使っていますね。

2017年にオイル燃焼疑惑がありましたが、2014年から5年連続チャンピオンチームに供給しているペトロナスのオイルは一度は入れてみたいですね。

PETRONAS SYNTIUM 5000 0W40

PETRONAS SYNTIUM 5000 0W30

Shell

なんとかメルセデスを倒してほしいフェラーリはシェルのオイルを使っています。

フェラーリPUのザウバーやハースもシェルですね。

Shellヒリックスはフェラーリが開発に携わったオイルです。

Shell HELIX Ultra  5W40

Mobil

一番がんばってほしいレッドブル・ホンダはMobil 1を使っています。

レッドブルはルノーPUのときからMobil 1を使っています。ホンダPUのトロロッソもMobil 1です。

Mobil 1 Ultimate Performance 0W-40

Mobil 1 Advanced Fuel Economy 0W-20

BP CASTROL

マクラーレン・ルノー、ルノー・ワークスなどがBPカストロールを使っています。

マクラーレン・ルノーは調子がいいですね!

カストロールといえばEDGEです。

CASTROL EDGE 0W-40

CASTROL EDGE 0W-20

F1で使われているオイルメーカーのオイルは、どれも高品質なオイルなので安心して使えますよ。好きなF1チームが使っているオイルを入れてみるのもいいですね!

オイル燃焼疑惑

2017年にメルセデスが疑われた、オイル燃焼はこんな方法でした。

エンジンの燃焼工程上、クランクケースにプローバイガスが溜まります。

このプローバイガスは、大気汚染の原因になるので、吸気チャンバーに戻してガソリンといっしょに燃やして処理するのですが、ブローバイガスには、霧状になったオイルが混ざっていて、これがエンジンパワーの妨げになってしまいます。

そこで、オイルに添加剤を混ぜて、プローバイガスに混ざったオイルを燃やしてパワーを上げていたようです。

F1の技術者の発想はすごいですね!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。