JBLのサウンドバーがおすすめ!高音質でコスパがいいJBLホームシアターシステム

いつもお世話になっているAV家電のショップで、JBLのホームシアターシステムを試聴してきました。

やっぱりJBLはいいですね!高音質でコスパがいいです。

今回は、JBLのホームシアターシステムを紹介します。

JBLホームシアターシステム

JBLのホームシアターは、クリアな音と迫力のある低音が特徴ですね!サウンドバーでもボードタイプでも共通しています。

すべてARC対応なので、設定が終わればテレビのリモコンで音量調節ができます。これは重要ですね。

BAR 3.1

JBLのサウンドバー初のセンタースピーカー内蔵タイプです。

実際に聴いてきましたが、いい音してます!

低音や効果音が大きい場面や、サラウンドがONのときでも、声がクリアではっきり聞こえます。センタースピーカーが効いてますね。

サラウンドの効果も良かったです。

サラウンドモードはスタンダード、ムービー、ミュージック、ボイス、スポーツの5種類を搭載しているので、用途に合わせてサラウンドを選ぶことができます。

4K Ultra-HDパススルー対応です。

LINK BAR

Android TV、Googleアシスタント搭載のサウンドバーです!

BAR 3.1のように外付けサブウーハーではないのですが、低音の迫力があります。スマートスピーカーを使いたい人にぴったりですね。

サラウンドモードはスタンダード、ムービー、ミュージック、ボイスの4種類を搭載しているので、用途に合わせてサラウンドを選ぶことができます。

4K Ultra-HDパススルー対応です。

Bar Studio

ホームシアターというよりテレビ用のサウンドバーというモデルですが、音はいいですよ。

大きさもコンパクトで、設置も簡単です。

サラウンドもスタンダード、ムービー、ミュージック、ボイス、スポーツの5種類のサウンドモードを搭載しています。ソースに応じて切り替えればけっこう迫力ありますよ。

この機種はテレビのスピーカーとして使うのがおすすめです!声もクリアでいい音です。

BAR2.0 All-in-One

Bar Studioの後継モデルです。

サブウーハーレスなのでBar Studioの方が低音の迫力があるかもしれません。また、サラウンドモードも1種類になっていますが音はよかったです。

まとめ

JBLはいい音しますね!

JBLのいいところは、高音質なのにコスパがいいことです。

BAR 3.1で5万円台ですよ!

JBLは低音が出すぎる感じがあるので好き嫌いがありますが、割れたりこもったりする低音ではないので、迫力がありますよ。

どの機種も迫力の低音とクリアな音でおすすめです。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。