インテグラタイプRが古くなると壊れるところ!早めに修理しておきたい

お気に入りの車は長く乗りたいものですね!しかし、長く乗っているといろんなところが壊れます。

私のインテグラタイプR(DC2)は1999年型です。先日、燃料ポンプが壊れてガス欠状態になり、立往生する事態になってしまいました…。

今回は、インテグラタイプRのそろそろ壊れそうなところと、症状を紹介します。

インテグラタイプRの壊れそうなところ

インテグラタイプRの代表的な故障箇所です。他車でも参考になると思いますよ。

ディストリビューター

デスビは突然壊れるので、定期的に点検するのがいいと思います。

症状としては、失火が起こったりするので、エンジンが吹けなくなります。

インテグラタイプRは、デスビのケースの中にイグニッションコイルとイグナイターが入っているのですが、コイルとイグナイターも壊れますよ!

イグニッションコイルとイグナイターは、どちらも劣化するとエンジンが吹けなくなり失速します。

交換するならセットで交換した方がいいですよ。

オルタネーター

ダイナモ(発電機)です。

オルタネーターが壊れると、エンジンをかけるときのキーをONにした状態になり、バッテリーだけでしばらく走れますが、その後は走れなくなります。

劣化の症状は、発電能力が低下してバッテリー充電が弱くなります。

古い車は、バッテリーだけではなくオルタネーターも点検した方がいいですね。

燃料ポンプ

燃料ポンプは、燃料タンクからインジェクターまで燃料を送っているのですが、ポンプが壊れるとガス欠になってしまいます。

燃料ポンプだけではなく、ポンプを制御するリレーが劣化すると同じ症状が起きますよ。どっちの故障か判断しづらいところです。

ABSセンサー

ABSセンサーは、4輪のどれが壊れても警告灯が点灯してABSが作動しなくなりますが、ABSが壊れてもブレーキ自体に影響はないので、あわてなくていいです。

ただ、警告灯が点いた状態では車検が通らないので修理が必要ですが、ABSセンサーの新品部品がもうありません…。私もセンサーが壊れたときに部品がないと言われ、ヤフオクで中古を買いました。

ABSセンサーの中古は買っておいた方がいいですよ。

車が動かなくなったら?

道路上で車が動かなくなった場合は、慌てずにJAFなどのロードサービスを利用して修理工場に運んでももらいましょう。

自動車保険に付帯しているロードサービスが便利ですよ。私はソニー損保のロードサービスにお願いしました。ソニー損保は150kmまで無料で運んでもらえて、「現場から自宅」「自宅から修理工場」までの交通費も保証されますよ。

また、車高が低いことを伝えると、レッカー車ではなく積載車を手配してくれました。ソニー損保は気が効いてますね!

車を長く乗っていると、いろんなところが壊れます。自走できないトラブルも多くなるので、今回紹介した部品も点検してもらうといいですよ!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。