やっぱり便利!iVDR-Sカセットハードディスク

R3000のハードディスク容量がいっぱいになってきたので、CSで録画した映画をiVカセット(iVDR-Sカセットハードディスク)に移動していたのですが、やっぱり便利ですね〜。

iVカセットを追加

TW1000が壊れたこともあって、保存しておきたいライブラリーはiVカセットに移動させています。WoooやR3000が壊れたら出せなくなるかもしれませんからね…。

ダビング用にiVカセットを買ったのですが、映画はTS(DR)モードで録画しているのでR3000で録画したものとWoooで録画したものを入れると、1TBでもすぐいっぱいになります。
もう1本追加ですね…。

それにしてもR3000のダビングは速いです!
TSモード3時間の映画が20分で移動完了です。約9倍速!BD-R(4倍速)の倍の速さです。

モード変換ダビングでも約2倍速!

終わってしまうのがもったいないです。

ちょっと気になることが…

2本のiVカセットに初期化を促す警告が出るようになりました!
他のiVカセットでは大丈夫なんですが、ちょっと気になることがあります…。

2本の内の1本(500GB)はTW1000で初期化しているので、もしかしたらそれが原因かもしれません。ライブラリーを移動させてからR3000で初期化してみました。
今のところ警告は出てません。

もう1本もそれが原因かも?

TW1000(フナイ)とR3000(日立)はフォーマットに違いがあるのかもしれませんね。
同機種で使っているぶんには問題はないですが、機種が違うとエラーになる場合があるのかもしれません。

これからも使い続けるには、こんなことにも気をつけないといけませんね。

まとめ

iVカセットはやっぱり便利ですね!使いやすいです。
ただ、使い続けるなら何らかのバックアップが必要ですね。

日立のブルーレイレコーダーDVL-BRT20でも買おうかな〜とも思っています。
中身はディーガですが…。

http://av.hitachi-ls.co.jp/lead/

使い方に気をつければ、これからも使い続けられそうです。

便利で使いやすいiVDR-Sは、まだまだ使いたいですね!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。