iVDR-Sレコーダー、WoooのHDD交換情報!WoooのHDDを1TB化

便利なiVDR-S機器をできるだけ長く使うために、HDDの交換や容量アップは欠かせないですね。しかし、容量の大きいHDDへの交換はメーカーでは受け付けてくれないので、自分で交換するしかありません。

iVDR-S機器のHDDは意外とかんたんに交換できるので、HDDのリフレッシュや容量アップができますよ。

私のWoooも1TBに交換しました!

今回は、iVレコーダーやWoooのHDD交換情報を紹介します。

iVレコーダー

VDR-R2000/R3000

マクセルR2000/R3000は、内蔵HDDにiVDR-Sカセットと同じものが使われているので、iVDR-Sカセットを利用します。

BIV-R1021/R521
BIV-WS500
BIV-WS1000/WS1100
BIV-TW1000/TW1100

マクセルBIVシリーズは、内蔵HDDに一般的な2.5インチHDDを使っているので、2TBのHDDにも交換できますよ。

おすすめのHDDはシーゲートの2.5インチHDDです!コスパいいですよ。

Wooo

XP05、XP07、XP08、ZP05

WoooXPシリーズやZP05は、内蔵HDDにiVDR-Sカセットと同じものが使われているので、iVDR-Sカセットを利用します。

iVDR-Sカセットを利用

マクセルR2000/3000やWoooXPシリーズなどの内蔵HDDは、iVDR-S対応のHDDが使われているので、一般的なHDDでは認識しないようです。

そこで、iVDR-Sカセットの中身を取り出して内蔵HDDと交換します。

そのため、容量は1TBが最大になります。

こんなときでもiVDR-Sカセットは便利ですね!

HDD交換の注意点

HDD交換後にHDDの認証が必要になります。

マクセルBIVシリーズは普通にHDDを初期化すればいいみたいですが、iVDR-Sカセットを使う機種はメンテナンスモードで初期化・認証をします。

メンテナンスモードはネットで検索すれば出てきます!

まとめ

日立リビングサプライで販売していた液晶テレビWoooも販売終了になり、いよいよiVDR-Sが終了するときが近づいてきましたが、便利なiVDR-Sはまだまだ使いたいですね。

HDDの交換くらいはiVDR-Sユーザーにとってはたいした作業ではないので、サクッと交換してiVDR-Sを使い続けましょう!

iVDR-Sカセットの入手をお忘れなく。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。