車のマフラーに穴が空いたのでマフラーパテで修理してみた!マフラーパテは車検に通るのか?

最近、家の車(ダイハツ エッセ)からボーボーと音がするので、調べてみたらマフラーに穴が空いていました。車検が近いので修理しないといけないのですが、問題は修理方法です。

マフラーに空いた穴を塞ぐマフラーパテやアルミテープのような補修で車検が通るのか?やっぱり交換しないとダメなのか?軽自動車検査協会に聞いてみました!

「マフラーパテでの補修は可。アルミテープのみの補修は不可」とのことでした。マフラーパテの補修で済めば費用が抑えられるので助かります。

今回は、マフラーパテの使い方と使ってみてわかったことを紹介します。

マフラーパテを使ってみる

まず、マフラーの穴の位置ですが、センターパイプの消音器とパイプの継ぎ目です。写真を撮り忘れたので文章での説明になります…。

穴の大きさは、長さ30mm幅8mmくらいでサビによる腐食です。マフラーパテの説明書には20mmまでと書いてあるのですが、なんとかなるでしょう。

使用したのは、SOFT99のマフラーパテです。排気の熱で固まるタイプです。

触媒よりエンジン側には使えません。

穴の補修

サンドペーパーで補修部分のサビや汚れを落とします。マフラーパテを塗りまくるので広範囲にかけておくといいですよ。サンドペーパーをかけたら、ブレーキクリーナーなどで油分を拭き取ります。

付属のセラミッククロス(分厚いティッシュのようなもの)を穴が塞がる大きさに切ってマフラーパテを均一に塗り、塗った面を穴に貼りつけます。湿布を貼るような感じです。

その上からマフラーパテを塗り重ねていきます。その場合、一度に塗るより5分〜10分くらい時間を置きながら塗り重ねた方が分厚く塗れますよ。

排気の圧力を考えたら、かなり分厚く塗った方がいいです!

完成したら、24時間以上自然乾燥させてから排気熱で硬化させます。

乾燥が不完全だと、排気の圧力でパテが剥がれる可能性があります。

車の下に潜り込んで作業する場合は、作業工程をしっかり頭に入れておかないとやりにくいですよ。

マフラーパテのコツ

実際やってみて思ったのは、パテが柔らかいので塗るのが難しいことです。

なので、補修範囲を大きくすると比較的作業しやすいですよ。

  • サビ落としの範囲を大きく、セラミッククロスを大きめにする。
  • パテの重ね塗りは一度に塗らずに時間を置いて塗り重ねる。
  • しっかり乾燥させる。

個人的には、かなり分厚く塗るのがオススメですよ!

追記

無事、車検を通過しました!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。