NUTECのオイル添加剤で油圧が安定!NUTEC NC-82でエンジンの保護

スポーツ車向けのエンジンオイルは、粘度の割にサラサラした柔らかいオイルが多いです。

これは、エンジンの回転がスムーズになり、吹けが良くなるからなんですが、VTECやターボでは油圧低下や油膜切れの心配があります。

NUTEC(ニューテック)のオイル添加剤NC-82は、粘度への影響が少なく油圧が安定する添加剤です。

今回は、NC-82で油圧低下を防ぎたいと思います。

NUTEC NC-82

エンジンオイルはベースオイルに添加剤を加えて作られていますが、その添加剤の成分を用途に合わせて補強したり、加えたりするのがオイル添加剤です。

NC-82は、今までのエンジンオイル添加剤とは根本的に違って、それだけで高性能オイルとして使用できる性能を持っています。

エンジンオイルを改質し、薄く強靭な油膜を形成して、潤滑性や圧縮圧力を向上させる添加剤です。

油膜を切らさずに極薄く形成したシリンダー部では、低フリクションとピストンリングのシール性を向上して、油圧・油温・水温が安定します。

NC-82の使い方

使い方は簡単で、オイル交換時にオイルに混ぜるか、エンジンのオイル注入口からNC-82を入れて20〜30分アイドリングするだけです。オイル交換後の新油に入れましょう。

NC-82はエンジンオイルに対して5%〜10%混ぜるのですが、1本300mlなので4.0Lだと全部入れても足りません…。

今回は7.5%になります。

検証のためエンジンオイルはいつも入れているMobil1を使っています。

NC-82の効果

NUTECホームページには「100kmくらいから効果が出はじめます」と書いてあるのですが、50kmくらいから油膜がコーティングされた感じです。

エンジンの回転もスムーズで、Mobil1の軽い吹け上がりも変わりません。

100kmくらいからは、エンジンがパワフルに回ります!VTECに入れてみたのですが、切り替わってからのパワーが上がってます!

油圧も安定していますよ。

こんな感じならエンジンの保護にもなるので、もっと早く入れておけばよかったです!

NC-82で油圧が安定

VTECエンジンは油圧が命です!

スポーツ車向けの柔らかいエンジンオイルも、NC-82を入れると油圧が安定して、エンジンの保護にもなるので安心ですよ。

NC-82の強靭な油膜はターボ車にも効果があります。

サーキットでスポーツ走行をするならNC-82がオススメです。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。