オイル交換が自分でできる!おすすめのオイルチェンジャー

エンジンオイルの交換はどうしていますか?

私は自分で交換しています。

オイルチェンジャーを使えば簡単にオイル交換できるので、Amazonなどのネット通販でオイルを買って安くオイル交換できますよ。

オイルチェンジャー

オイルチェンジャーには何種類かのタイプがあるのですが、簡単で使いやすいのはポンプ式です。

オイルゲージの穴から吸引ホースを入れて、空気入れのようにして吸い出します。

簡単に吸い出せるので、やってて楽しいですよ。

PALSTAR

PALSTAR(パルスター)のオイルチェンジャーはいいですね!作りが良く、大きさもちょうどいいです。容量が5.5Lなので、ほとんどの車に使えますよ。

PALSTARはおすすめです。

STRAIGHT

STRAIGHT(ストレート)のオイルチェンジャーは手動でもエアーでも使えるのが特徴です。

私もこのオイルチェンジャーを使っています。

エアーが使えるのでこのチェンジャーにしたのですが、手動で十分です!

オイル容量が多い車には、6.5LのSTRAIGHTのオイルチェンジャーがおすすめですよ。

オイルチェンジャー購入時の注意点

ポンプ式のオイルチェンジャーは、6mmの吸引ホースをオイルゲージの穴から入れて使うのですが、車によっては吸引ホースが入らない場合やオイルパンまで届かない場合があります。

上抜きの機械でオイル交換しているカー用品店(オートバックス)で交換していれば大丈夫ですよ。

安価なオイルチェンジャーは品質の良くない物もあり、ちゃんと吸引できなかったり、すぐ壊れる物もあるのでおすすめしません。

オイル交換に必要なツール

廃油処理パック

廃油処理パックを使えば、交換したエンジンオイルを”燃えるゴミ”として出せるので便利です。

廃油処理パックは、中の布状の吸収材に染み込ませるのでひと回り大きめがいいです。
廃油が多いと染み込ませきれなくなりますよ。

商品リンクは4.5Lになっていますが、2.5L、6.5Lも選べます。

オイルジョッキ

オイルジョッキのおすすめの大きさは3Lです!

オイルジョッキに容量いっぱいまで入れると、傾けるのがむずかしいので3Lのジョッキに2L入れて2〜3回に分けて使うと使いやすいですよ。

商品リンクは3Lになっていますが1L〜5Lまで選べます。

まとめ

オイルチェンジャーがあるとエンジンオイルの交換が簡単にできます。

エンジンオイルだけではなく、パワステオイル(フルード)やATF(オートマチックフルード)の交換も自分でできますよ。

Amazonでオイルを安く買って自分で交換すれば、カー用品店で交換するよりお得です!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。