ソフトバンクカード!まとめて支払いチャージの利用可能額と対象クレジットカード

ソフトバンクカードの「まとめて支払いチャージ」は、ポイントの2重取りができるお得なチャージ方法です。

このブログでもおすすめしているのですが、利用可能額はどのくらいなんでしょうか?

今回は、まとめて支払いチャージの利用可能額などを解説します。

ソフトバンクまとめて支払い

スマホやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、App Store、Apple Music、iTunes Store や、Google Play 上のアプリなどの購入分を、月々のケータイ電話の利用料金とまとめて支払う決済サービスです。

まとめて支払いチャージ

まとめて支払いチャージは、まとめて支払いの枠の中でソフトバンクカードにチャージする方法です。

ケータイ電話料金の支払いにクレジットカードを設定していると、間接的にポイント2重取りが可能です!

利用可能額

まとめて支払いチャージの利用可能額は以下の通りです。

  • 満12歳未満 最大2千円/月
  • 満20歳未満 最大2万円/月
  • 満20歳以上 最大10万円/月

「最大」となっているのは、利用額に応じて変動するので、利用が少ないと利用可能額が低くなってしまいます。

どんどん利用すれば利用可能額は上がっていきますよ。

最大10万円/月は、他社プリペイドカードやスマホ決済のケータイ払いの利用可能額よりも高額です。ほとんどの場合は問題なく利用できるんじゃないでしょうか?

ポイント2重取り!

ケータイ電話料金の支払いにクレジットカードを設定していると、クレジットカードのポイントとTポイントの2重取りができますよ!

設定できるクレジットカード

設定できるクレジットカードは、VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースが設定できます。

ダイナースからチャージできるのは便利ですね。

クレジットカードのポイントも付く!

まとめて支払いチャージは、決済サービス(まとめて支払い)経由のチャージなので、クレジットチャージよりポイント付与に対して寛大なようです。

何枚か試してみたところ、アメリカン・エキスプレス、MUFGカード、オリコカード、ヤフーカードはポイントが付いていました!

ソフトバンクカードの詳細はこちら

まとめて支払いチャージはお得!

ソフトバンクカードのまとめて支払いチャージは、いろんなカードブランドからチャージができて、ポイント2重取りができる便利でお得なチャージ方法です!

最大10万円/月まで利用できるのも便利ですね。まとめて支払いチャージで得しましょう!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。