コスパのいいサウンドバー!テレビのスピーカーをアップグレード

テレビのスピーカーでは物足りない!でもホームシアターまではいらないかな〜。

そんなときはサウンドバーでテレビのスピーカーをアップグレードしましょう!

今回はコスパのいいお手軽サウンドバーを紹介します。

サウンドバーのいいところ

サウンドバーのいいところは設置のしやすさですね。

5.1chホームシアターのように、スピーカーをいくつも置かなくていいので簡単に設置できます。

また、ARC接続ならHDMIケーブルだけで接続できます。

置くだけでテレビの音をアップグレードできますよ。

ARCが便利!

テレビのスピーカーとしてサウンドバーを使うなら操作も簡単なほうがいいですね。

HDMIのARC(Audio Return Channel)機能を使えば、テレビの電源を入れるだけでサウンドバーやAVアンプの電源が入り、音声も自動でサウンドバー側に切り替えてくれるので便利です。

音量もテレビのリモコンで操作できますよ。

注:テレビとサウンドバーがARCに対応している必要があります。

コスパのいいお手軽サウンドバー

YAMAHA YAS-108

YAMAHAのYAS-108は人気のサウンドバーです。

クリアボイスでテレビの音声が聞き取りやすく、サブウーファーのバランスがいいです。

4K/HDR対応でARC対応です。

JBL Bar Studio

JBLの低価格サウンドバーですが、いい音しますよ!

コンパクトでテレビの音をアップグレードするのにぴったりなサウンドバーです。

ARC対応。

DENON DHT-S316

ワイヤレスサブウーハー付きで低価格のサウンドバーです。

この機種はいい音しますね〜。サブウーハーが効いてます。

ARC対応。

テレビと同じメーカーのサウンドバー

CECリンク対応機器でも、メーカーが違うと動作しない機能があったりするので、テレビと同じメーカーのサウンドバーなら安心して使えます。

SONY HT-X8500

ブラビアリンクにはソニーのサウンドバーですね。

ドルビーアトモス対応、サブウーハー内蔵の2.1chのサウンドバーです。

Panasonic DY-SP1

小型で4K対応のサブウーハー内蔵2.1chサウンドバーです。

テレビがビエラなら動作に不安なく使える最適なサウンドバーです。

REGZAサウンドシステム RSS-AZ55

サウンドバー型で、セパレートタイプのスピーカーがいいですね!

レグザに最適なサウンドバーです。

まとめ

サウンドバーはテレビのスピーカーをアップグレードするのに最適ですね。

今回紹介したサウンドバーは、テレビのスピーカーを手軽にアップグレードできる機種を選んだので、映画やライブのブルーレイに収録されているDolby True HDなどのロスレスフォーマットには対応していません。

ドルビーデジタルでの再生になります。

ロスレスフォーマットも再生したい!という人はこちらの記事をご覧ください。

私もAVアンプ(ホームシアター)を買ってからは、いつもAVアンプで聞いていますが、テレビのリモコンだけで操作できるので便利ですよ。

もうテレビのスピーカーでは聞けませんね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。