サウンドバーとAVアンプはどっちがいい?スタイルに合った機種を選ぼう

迫力あるサラウンドで映画を見たり、テレビの音を高音質で聞くには、サウンドバーやAVアンプは欠かせませんね。

しかし、使い方や用途によってサウンドバーとAVアンプのどっちを選べばいいんでしょうか?

今回は、サウンドバーやAVアンプの用途に合った選び方を紹介します。

設置性がいいのは?

設置のしやすさではサウンドバーですね。テレビの前に置くだけなので簡単に設置できます。

また、ARC接続ならHDMIケーブルだけで接続できます。

 

AVアンプは本体とスピーカーを別々に置くことになるので、場所を取りますしスピーカーケーブルの処理も考えものです。

簡単にテレビの音を良くしたり、映画をサラウンドで楽しむならサウンドバーがいいですね。

音質は?

サウンドバーはコンパクトな一体型なので、それほど高音質ではありません。音楽には物足りないですが、映画などをサラウンドで楽しむには十分な音質です。

 

AVアンプは自由にスピーカーを選べることもあって、かなりの高音質です!CDやAmazon Musicなどの音楽配信サービスも高音質で聴けますよ。

高音質で便利なAVアンプですが、音にこだわるとスピーカーが大きくなってしまうのでバランスが難しいです。

拡張性は?

拡張性と言えばAVアンプですね!

スピーカーを増やして5.1chサラウンドを楽しんだり、CDプレーヤーを接続して音楽を聞いたり…。

高音質のスピーカーに変えることもできますよ!

 

サウンドバーは基本的に拡張できませんが、機種によってはワイヤレスのリヤスピーカーを増設できます。

手軽に設置するならサウンドバー

手軽にサラウンドを楽しむならサウンドバーですね。TV専用のスピーカーシステムとして使えるのがメリットです。

BOSE TV Speaker

BOSEから新しいサウンドバーが出てますよ。BOSE Solo 5 TV sound systemの後継機で、待望のHDMI ARC接続ができます。

YAMAHA YAS-108

ヤマハのYAS-108はサラウンドの効果が強力で、バーチャルサラウンドに力を入れているようですね。

DTS Virtual:Xにも対応しているので、映画のブルーレイも迫力がありますよ。

音の良さならAVアンプ!

ブルーレイの映画や音楽を聴くとサウンドバーでは物足りなくなってしまいます。

管理人はパイオニアのVSX-S520を使っていますが、いい音しますよ!AVアンプはスピーカーを選べるので好みの音にしやすいです。

DENON AVR-X1600H

7.2ch Dolby Atmos/DTS:X対応のAVアンプです。コスパ最高ですよ。

ヤマハ RX-S602(B)

5.1ch薄型でラックに入るサイズが便利なAVアンプ。高音質ですよ!

スタイルに合った機種を選びたいですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。