高音質サウンドバーはどれがいい?おすすめのサウンドバー

ホームシアターが欲しいけど、スピーカーを何個も置くのは抵抗がありますね。

5.1chになるとスピーカーが6個になるので、配線や設置場所も考えものです。

現実的に6個のスピーカーは場所をとりますからね。

そんなときはサウンドバーがおすすめですよ!

今回は、5.1chホームシアターに負けない高音質のサウンドバーを紹介します。

高音質サウンドバー

サウンドバータイプのホームシアターは、設置が簡単で場所をとらないのがいいですね。

ソニー HT-Z9F

ドルビーアトモス・DTS:X(R)対応のハイレゾモデルです。

バーチャルサラウンドで、後ろにもスピーカーがあるような臨場感が体感できます。

専用のリアスピーカーSA-Z9Rを追加すれば、ワイヤレスで5.1chに拡張できます。

4K/HDR対応です。

カッコイイですね。ソニーはデザインがいいです!

JBL BAR 3.1

この機種はいい音します!

サブウーファーはワイヤレス接続なので設置も楽です。

JBLは高音質なのにコスパがいいのでおすすめです!

バーチャルサラウンドも効きますよ!

4K/HDR対応です。

BOSE SOUNDBAR 500

サウンドバーだけでもいい音します!

サラウンドの効果もいいですが、音の良さに驚きました。

オプションでサラウンドスピーカーとウーファーを追加することができます。追加したらすごいことになりそうですね。

4K対応です。

Dolby True HDなどのロスレスフォーマットは非対応です。

ヤマハ YAS-108

テレビのスピーカーの代わりにするのに、ぴったりなサウンドバーです!

クリアボイスでテレビの音声が聞き取りやすく、サブウーファーのバランスがいいです。

設置も簡単で、低価格のサウンドバーでは一番おすすめです。

4K/HDR対応です。

Dolby True HDなどのロスレスフォーマットは非対応です。

まとめ

サウンドバーのいいところは場所をとらないことですね。

5.1chなどのホームシアターはスピーカーの設置場所が問題になりますし、ワイヤレス接続でない場合は配線もめんどくさいです。

スマートに映画や音楽を大迫力で楽しむならサウンドバーがいいですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。