Ultra HD ブルーレイプレーヤーはどれがいい?コスパのいい機種を選ぼう

これからブルーレイプレーヤーを買うなら、Ultra HD ブルーレイプレーヤーがいいですね。

ドルビービジョン対応の機種も増えてきたので、コスパのいいプレーヤーを選びたいものです。

Dolby Vision

ドルビービジョンは、明暗の差を壮大に表現するHDR技術のひとつで、現在の4KテレビやUltra HD ブルーレイに採用されているHDR10より強力なHDRです。

ドルビービジョンもHDR10と同じで、テレビ、プレーヤー、メディアがドルビービジョンに対応していないと機能しません。

現段階では、ソニーとLGしか対応していないので、ドルビービジョンを体感しようと思ったら、ソニーとLGで揃えることになります。

HDR10は、多くのUltra HD ブルーレイ作品、テレビ、プレーヤーに採用されているので「HDR対応」の表記があれば、基本的にはHDR10に対応していると思っていいです。

ドルビービジョン対応機種

ソニー UBP-X700

コンパクトで低価格ですが、ドルビービジョン対応モデルです。

X800から高音質機能を省いて、低価格を実現した機種といえます。
高音質設計のX800か、ドルビービジョンのX700か難しいところですね。

LG UBK90

この機種はコスパがいいです!

ドルビービジョン対応で低価格です。HDMI出力が2系統でオーディオ専用出力が付いているのがいいです。

LGのテレビは他社の機器とのCECリンクがよくないようなので、LGのテレビにはこの機種がいいですね。

コスパのいいUltra HD ブルーレイプレーヤー

パナソニック DP-UB32

人気のDP-UB30の後継機です。

コンパクトでコスパ最強ですが、HDMI出力がひとつしかないので4Kに対応していないAVアンプを使う場合はARC接続になります。

ARCが一番便利なんですが…。

ソニー UBP-X800

高機能のX800も価格が下がってきたので、買い時ですね。

ドルビービジョンには対応していませんが、高画質・高音質のX800は人気があります。

まとめ

これからブルーレイプレーヤーを買うなら、Ultra HD ブルーレイプレーヤーですね。

Ultra HD ブルーレイソフトもどんどん出ているので、4K画質を楽しめます!

コスパのいい機種を選びたいですね。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。