バレーボール全日本が日本代表になっていた!バレーボール・ネーションズリーグ

バレーボール・ネーションズリーグで全日本女子は7勝8敗の10位で予選ラウンド終了。決勝ラウンドには進めませんでした。

ネーションズリーグはワールドグランプリ(女子)やワールドリーグ(男子)に代わって2018年に新設された大会で、9月の世界バレーの前哨戦になります。

日本代表?

ネーションズリーグのTV中継(BS-TBS)を見ていたら、なんか違和感が…。

実況のアナウンサーが、日本チームのことを全日本ではなく日本代表と呼んでいます。
しかも「解説は元日本代表の迫田さおりさんです」と紹介し、テロップにも「元日本代表」と表記されていました。

えっ?これからは日本代表?

ほかの競技が「日本代表」なので、それに合わせたのかもしれませんが、バレーボールはずっと全日本だったのに急に日本代表って言われても…。

日本バレーボール協会はどう表現しているのかと思って、公式サイトを見たら「全日本」と表記していました。

もしかしたらTBSが「日本代表」を推しているのかも?と思ったのですが、BS-TBSのネーションズリーグのサイトは「全日本」になっていました…。

それなら全日本でいいんじゃないの?

全日本ってどういう意味?

そもそも全日本は「全日本選抜チーム」の略称です。
日本代表を”代表”と略しているのと同じで、全日本選抜チームは”全日本”と略されています。

全日本でも日本代表でも、勝ってくれるのならどっちでもいいですね!

世界バレー

バレーボール世界選手権(世界バレー)が9月29日に開幕します。
今回は日本開催です。

2010年大会の銅メダルより上のメダルを取ってほしいですね。

がんばれ新鍋理沙選手!

 

チケットの一般発売は8月4日です。

まとめ

「全日本」でも「日本代表」でもどっちでもいいので、世界バレーでがんばってほしいですね。

がんばれ日本!

 

今日はこの辺で失礼をいたします。