パイオニアBDP-X300をシルバーパネルにしてみた!BDP-180のパネルに交換

パイオニアのブルーレイプレーヤーBDP-X300のパネルをパイオニアBDP-180(S)のシルバーパネルに交換してみました。

シルバーがカッコイイ!

パイオニアBDP-X300は音が良いので気に入っているのですが、ブラックパネルのX300は接続しているシルバーパネルのパイオニアVSX-S520(AVアンプ)と並べると調和がとれません。そこで、音の良いX300をCDプレーヤーとして使い、パイオニアのBDP-180のシルバーを購入して調和を取ることにしました!

BDP-180(S)とVSX-S520は統一デザインになっています。ラックに収まった様はシステムオーディオです!

音が違うッ!

設置が済んだので、ブルーレイディスクを再生してみると、音がッ!…貧弱。

X300の音に比べると、180の音はどうしても薄っぺらで貧弱に感じてしまいます。ブルーレイレコーダーほどでは無いのですが、ここまで違うとは…。

HDMIなどのデジタル接続では、デジタル信号を最後に入力した機器のDACが有効と言われているので、X300が高音質な仕様でもVSX-S520(AVアンプ)のDACが有効ならブルーレイプレーヤーが180でも同じ音質になると思っていたのですが、X300の高音質はDACだけの問題ではないようですね。

パネルを交換してみる

しばらくは色の調和を優先して180を使っていたのですが、たまにX300で再生してみると締まった良い音が鳴ります。我慢できないのでパネルを交換することにしました!

X300を分解してみるとパネルは簡単に外れるのですが、ディスクドライブのトレイがパネルから外れません。多分、ドライブを分解してトレイを外す構造になっているようです。

今度は180を分解してみるとパネルとドライブの構造は同じだったので、ドライブごと交換してみました。

インシュレーター付きのBDX-180(S)の完成です!カッコイイ!ドライブも新品になり操作も問題ありません。

早速、AKIRAブルーレイを再生してみましたが良い音します!オーディオ的なシルバーのVSX-S520とBDX-180(中身はX300)で、AKIRAブルーレイのドルビーTrueHD 5.1ch 192kHz/24bitの迫力を体感できました。

 

今日はこの辺で失礼をいたします。